文字に溺れる

 文字は人の人生だ。

 著者たちは文章に自らの思念、記憶、理想、美学を写し出す。
 血のインクで紡がれた文字列を僕は愛してやまないのだ。


 僕は今日も図書館へと向かう。紙がふやけて柔らかくしっとりとしそうな曇天で、梅雨の煩わしさを僕は感じる。足元はぬかるんで、濡れた草木の香りが鼻を刺激した。

 近所の区立図書館は小さくて、駅前の市立図書館と比べたら床面積も蔵書量も桁違いだけど、知識の密度が違う。人がすれ違うことも憚られるような狭い通路に、低い天井いっぱいの木製の本棚。数えきれない人の生き様がそこには並び、換気が十分に行われずインクと手垢と紙の匂いがムッとするのだ。

 僕は一番奥の薄汚れたソファーに腰掛け、一冊の本を取った。一人の男が書いた数学の虚数についての本だった。僕に数学は分からない。でも知識として受け入れることはできる。未知の世界との遭遇に肌が焼けるように熱い。

 僕はその数学書をいくらか読むと、そっと膨らんだ陰部に手を伸ばした。

 知識の渦が快感となり、知識欲が性欲とつながり、言葉が、文字が、人生が僕の性的興奮を促すのだ。

「……はっ、ふぅ…っあ」

 目で文字を追い、脳を言葉で満たす。新たな知識を手に入れる快感に頭が熱くなる。もっと、もっと知りたい。ズボンをおろし、先走りで滑る亀頭をトランクス越しに撫でる。文字が欲しい。豊満な女体や淫靡な物体より概念が欲しい。

 左手で太ももに乗せた本のページをめくる。この文字を書いた人はどれだけ苦悩したのだろう。この知識を伝えるためにどれだけ言葉を選んだのだろう。何より、この知識を得たとき、どれだけ著者は興奮しただろう。

「ひぁっ、っく…んん……」

 トランクスの中で果てた僕は本を汚していないか確認すると、ハンカチで水分を拭き取った。太ももを伝う欲が僕の物語になるとしたら、それは幾何の人を興奮させるだろう。



急にうかんだイメージをそのまま文字にしたら酷く変態じみた話になりました。
ここまでお付き合いいただきありがとうございました。
よろしければ拍手をお願いします。

ランキング参加中です
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
web拍手 by FC2
2014/06/27 (金)
短編集

vanilla 01

 薄暗い、この世から隔絶された部屋。繁華街の端っこにある小さなクラブのステージで、少年は妖艶に鞭を振るった。男は雄豚のような悲鳴をあげて、擦れて嫌に光る木の板に倒れる。ステージを囲む観客達は少年の冷たくも恍惚とした表情に息を熱くし、酒をあおる手を止めて見入った。

 ラバーのボンテージに身を包みハイヒールを履いたこの少年は、客の間では『夜蝶のシャル』と呼ばれ、このクラブで一番の人気を誇っていた。透けるような美しい白磁の肌に、熟れた唇。整った顔立ちに冷たいアーモンドの瞳。黒い滑らかな髪と、精巧な球体関節人形を想わせる無機質な躯体は誰をも魅了し、だからこそこの世界にいるのであろう。
 シャルは、カツカツと鉄底のヒールを鳴らして、這いつくばる男の前につま先を差し出す。男は当然とばかりに舌を伸ばすが、シャルは男の肉付きのいい顎を蹴り飛ばす。
「ぁ……あっ……」
 歯が数本、血液と共にステージまで吹き飛び、悶絶する男の粗末なペニスは小刻み震え、白い水を撒き散らしていた。
「何勝手にイってんのかな、豚以下のゴミが」
 シャルが男の顎を掴み、砕けた骨をジャリジャリと弄ぶ。悲鳴にならない声を上げ続ける男を一発平手打ちにすると、横のスタッフに連れていけ、と小さく指示を出した。スタッフに引き摺られながら、ありがとうございます。ありがとうございます、と男は叫んだ。

 客席を見ると、股間を膨らませた男たちが今にも手を一物に伸ばそうとして、今か今かと熱い視線をシャルに集めていた。
「ここからがショータイムだよ」
 シャルはボンテージの前のジッパーをゆっくりと、蛞蝓が歩くほどゆっくりと下ろす。ねっとりとした欲望の目を一身に集め、観客の息遣いに身を震わせてその固い服を脱ぎ捨てた。
 シャルがゆっくり振り返ると、観客はその美しさに息を漏らす。シャルの腰の左の方。心臓から真下に流れ落ちた先に、一羽の蝶が止まっている。黒く、艶やかで、死の使者のような蝶のタトゥー。それが彼のトレードマークだった。
 白い肌を安い白熱灯のスポットライトと観客の熱視線が焼く。背中にそう感じる。
 またゆっくりと振り返ると、足を開いて床に腰を落とす。ハイヒールで高くなった踵を腿につけて、陰部をすべて晒す。
 シャルはこの世の全てを見下す目で観客を見た。自身を見て情けなく発情して性器をしごく大人たちが滑稽で堪らなかった。そして、何よりそれが快感だった。

 肌を裂くような興奮にシャルも自らに手を伸ばす。空気がまた一段と淫靡なものに変わる。
 そこでシャルはある男の存在に気が付いた。
 最前列のその男の服の乱れはなく、髪も整い、顔はまるで待ち人に出会えたかのような喜びに満ち、清潔で、美しかった。
 この薄汚れたクラブに迷い込んだ不釣り合いな男は、シャルの目を奪ってやまなかった。

 シャルは固いハイヒールを脱ぎ捨て、男に足を伸ばした。すると男はシャルの足の甲に頬を寄せたのだ。
 シャルは指先で男の唇を奪い、そして声をかけた。
「おじさん、こんなところに何しにきたの」
 男はまっすぐな目で答えた。
「君、私のためのショーをしてくれないか」



vanilla1話目です。いかがだったでしょうか。
ハードSMはいつの間にか好きになっていました。
よろしければ拍手をお願いします。

ランキング参加中です
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へにほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ



目次 次のページ→
web拍手 by FC2
2014/06/23 (月)
vanilla

vanilla

世界の端っこのようなクラブでSMショーをしていた少年、シャルに心を奪われた男がシャルの満たされない心を溶かしてゆくラブストーリー
甘い香りがしたとしても、味まで甘いとは限らない

※SM等激しい性的表現がありますのでご注意ください
全編R18です

本編

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16(完)


番外編

短編集

↑new old↓
Vanilla ice cream 北原×シャル|本編後|下ネタあり


小ネタ集

2015|08 09 10 11 12
2016|01


いただきもの

0716takumaicon.jpg0716takumaicon.jpg0716takumaicon.jpg


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

web拍手 by FC2
2014/06/23 (月)
novel

はじめまして

おはようございます。
はじめまして、佐倉愛斗と申します。
同人&イラストサイト「abnormalize」からお越しくださった皆様、いつもご愛読ありがとうございます。

書いた小説をどこに掲載しようか考えた末、やはり慣れ親しんだFC2ブログさまをお借りすることにしました。
4年前に初めて小説を発表したのもこのFC2ブログでした。
僕に合っているのでしょうね。

今回はなんとテンプレート自作しました。
タグのコピペ・手打ちも慣れたものです。
昨夜10時頃から始めてこの時間で完成です。寝ましょうね僕。

ブログをウェブサイト風に改造するのが好きです。
いかにもサイトですという顔をしてブログというのが好みです。
見ずらい箇所・リンク切れ等ありましたら報告お願いします。

小説は書きたいときに書いて、気に入ったら投稿します。
続きの催促は嬉しいですが控えめにお願いしますね。

同人サイトで連載しようとしているお話とはまた別のものを書いていきます。
性と愛の狭間で狂って愛され救われる人々を書いていけたらと思います。

それではもうこんな時間ですが寝ようと思います。
田舎なので朝チュンどころか朝ギャーと形容すべき煩さです。
どうぞこれから、このサイトをよろしくお願いします。
web拍手 by FC2
2014/06/23 (月)
trackback (0) : comment (0) : blog

ガラス玉

「ねぇ、このラムネの中に入ってるガラス玉ってなんて言うか知ってる?」
 そう言うと少年は汗の滴る細い喉をゴクリと動かして弾ける透明な液体を飲み込んだ。先ほどまでの熱気と湿気で首筋に張り付いた黒い髪が艶かしい。
 ホテルの窓越しに涼しげな蝉の鳴き声が彼の音のバックグラウンドで鳴り続いている。今時は街灯の明るさで夜でも蝉が鳴くのだとニュースで聞いた。
「ビー玉、だろ?」
 私は咥えていたタバコを安っぽい灰皿に押し付けて新しいタバコに火を点けた。
「残念」
 少年はニヤリと笑って続けた。
「これはエー玉。完全、完璧な形のガラス玉」
「へぇ。じゃあエー玉とビー玉はアルファベットのAとBな訳だ」
「おじさん、意外と賢いね」
 少年はガラス瓶をベッドサイドに置くと、私のタバコをほっそりとした指で挟みとり自ら咥えた。
「未成年がタバコとはね」
「未成年の男を金で買うおじさんにだけは言われたくないね」
 一口だけ煙を吐き出すと、少年は私に少しだけ短くなったタバコを返した。
「おじさん、僕はね、エー玉なんだ。美しく生まれすぎてしまったんだよ」
「そうだね。君は美しくて可憐で綺麗だ」
「でもエー玉の僕はガラス瓶に閉じ込められて出られないんだ」
「それは悲しいかい?」
「悲しいと思ったことはない。時々虚しいとは思うけれど、僕はセックスが好きだ。こうして体を売ることしか知らないけれど他のことを知ったらきっともっと虚しくなる。僕はビー玉にはなれない」
 少年のガラス玉のような瞳は深く深く闇に染まっていた。
 ベッドのシーツに少年はくるまり、細い背中を向けた。
「本当は傷付いてビー玉になりたいのかも知れないな。タバコも、セックスも、自由になるための手段さ」
 私は耐えられなくて背中を抱き締めようとした。
 しかし私にはできない。私はただの客なのだから。
「それじゃそろそろ寝る。楽しかったよ、おじさん」
「昼まで寝るかい?」
「ううん、おじさんが起きるまでには帰るよ」
 しばらくすると少年の規則的な寝息が聞こえてきた。
 私は少年の飲みかけのラムネを一口飲む。
 しゅわしゅわと弾ける透明な泡が胸のなかを切なくさせた。
 生まれたときからビー玉の私にはどうすることも出来ないことだから。

ガラス玉 終



以前、サイトに載せたものの再掲です。
スランプで連載が止まってしまったときに思うがままに書いてみましたが、僕はこれがとても気に入っています。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

ランキング参加中です
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へにほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
web拍手 by FC2
2014/06/23 (月)
短編集

offline

イベント参加

2017.08.07 ナナぶんのイチ写真展 spazio rita
2017.08.12 第3回クリエイターズリンク ウインクあいち5階展示場
2017.08.20-09.02 サヨナラセイメイ。 箱の中のお店
2017.09.18 文学フリマ大阪 堺市産業振興センター イベントホール(委託)
2017.10.08 名古屋コミティア51 名古屋国際会議場
2017.11.26-12.09 椅子のある部屋 箱の中のお店

委託販売情報

古書店Bibliomania サイト/Twitter

新刊情報

表紙をクリックするとサンプル(pixiv)が開きます。
青嵐表紙200
青嵐吹くときに君は微笑む
文庫|800円|長編小説
コンサート会場で再会した憧れの先輩は、雫の無い涙を流していた。そんな彼を、守りたいと心から思った。
家族・兄妹・友人・恋人。様々な関係から同性愛のままならなさを描いた優しい長編小説です。

*収録作品*
1.青嵐吹くときに君は微笑む
2.桜蘭咲くときに君は囁く(書きおろし)
3.旅立ちのサイダーゼリー(スタスペ企画参加作品)
他、姫宮大豆様よりゲストページを頂戴いたしました。

表紙イラスト・デザイン:たまこさん

虹のカケラ表紙200
虹のカケラ-no rain, no rainbow-
文庫|1000円|アンソロジー
セクシュアルマイノリティーの人々を描いた物語をつめこんだ小説アンソロジー第2段。
僕らは虹のカケラ。

収録作品などの詳細はこちら

表紙イラスト・デザイン:すとらさん


既刊情報

表紙をクリックするとサンプル(pixiv)が開きます。
噓つきは物語の始まり 表紙
噓つきは物語の始まり
文庫|500円|連作短編集
主催企画「噓つきは物語の始まり」に投稿した作品に酒場での物語を加え、ひとつの物語にまとめた連作短編集。

*収録作品*
第零夜 自分――――薬売り
第一夜 故郷――――三毛猫のいる町
第二夜 母親――――赤
第三夜 花々――――涙色の紫陽花
第四夜 自慢――――コイゴコロ
第五夜 夢語――――おやすみ

表紙デザイン:佐倉愛斗

prismsample00.jpg
prism
文庫|1000円|アンソロジー
セクシュアルマイノリティーの人々を描いた物語をつめこんだ小説アンソロジー。
13人の小説家が様々な光を描きました。

収録作品などの詳細はこちら

表紙イラスト・デザイン:たまこさん

namelesscolor
nameless color
文庫|500円|短編小説集
あなたの色は何色ですか?
Web企画やアンソロジーへ寄稿した作品の再録短編集です。

*収録作品*
1.名前のない色
2.ムラサキ
3.造花の種は芽吹かない
4.夜が聴こえる
5.さようなら、ビタースウィート(書きおろし)

表紙イラスト・デザイン:にゃあ(たまこ)さん

頒布終了

vanilla100.jpgささやき01
web拍手 by FC2
2014/06/23 (月)
offline

link

about link

site :: 渇き(kawaki)
url :: http://loveandautumn.blog.fc2.com/
master :: 佐倉愛斗
当サイトはリンクフリーです。リンク報告してくださると嬉しいです。
バナーは保存してお使いください。


novel&illustration

chatLarme鴉の風待ち休憩所いよかん勇者。どっとこむ。下戸につき
箸休め小鉢Historia de la fantasíaへらりすとblue rose


project

nizinokakerabannar.png嘘つきは物語の始まりprismbanner.jpgarium覆面作家企画7宿語りのシーガル
HAKOLIEN犯罪アンソロ企画さくやこのはなAmayo anthologySTAR SPECTACLE僕らの世界!


event

COMITIA名古屋コミティアクリエイターズリンク
創作文芸見本誌会場HappyReading
web拍手 by FC2
2014/06/23 (月)
link

novel

連載中

佐久間姉弟の事情 佐久間姉弟の事情
 現代|恋愛|近親相姦|姉×弟|甘々【R18】
姉の早織(さおり)は学校一の美少女。弟の聡(さとる)は読者モデル。そんな美男美女姉弟の秘密。それはお互いのことを性的な目で見ていること。隙あらば性に溺れる二人を描いた短編集。


休載中

一村くんは数学的天才ではない 一村くんは数学的天才ではない
 現代|恋愛|NL|高校生|純愛
放課後の教室。数式の書かれた黒板の前で、私は突然キスをされた。
「数学的天才」と呼ばれる一村くんと、お人好し数学最下位の春子の数学×スクールラブ


完結

青嵐吹くときに君は微笑む 青嵐吹くときに君は微笑む
 現代|恋愛|三角関係|高校生×大学生|甘々
「先輩がもう一度、俺に微笑んでくれたら、それでいい」
高校2年生の零は冬のある日、妹に超国民的アイドルのコンサートチケットを押し付けられる。渋々コンサート会場に行くとそこで憧れの先輩、渚の姿が。しかし渚のあの天真爛漫な笑顔は失われていた。

嘘つきは物語の始まり 嘘つきは物語の始まり
 企画|連作短編集|現代
秋の夜長に行われる文豪たちの遊び。ルールはたったひとつ。「本当のことは言ってはいけない」
ブックバーで行われる《遊び》を描いた連作短編集。→本家サイト

vanilla vanilla
 現代|恋愛|BL|社長×娼夫|SM|甘やかし【R18】
世界の端っこのようなクラブでSMショーをしていた少年、シャルに心を奪われた男が、シャルの満たされない心を溶かしてゆくラブストーリー
甘い香りがしたとしても、味まで甘いとは限らない


企画

寄稿した企画

バナーで企画トップ、作品タイトルをクリックすると作品直通です。

文×画「椅子のある部屋」 「幻影心中
現代|ホラー|恋愛
私は椅子に座っていた。小さなワンルームマンションに私たちは暮らしている。
椅子に座っている少女ミカと部屋の主マサシの奇妙な関係の崩壊を描いた衝撃作。

百人一首アンソロジー「さくやこのはな」 「高嶺の雪
現代|日本人高校生×米人留学生|BL|恋愛|遠距離
夏の日の図書館の最奥で、俺はブロンド髪の男性に目を奪われた。
言語の壁を越えて触れ合う二人の心と無情な距離を描いた物語。

場所アンソロ「arium」 場所アンソロ「arium」「夜が聴こえる
 現代|ボーイミーツガール|世界の果て|精神科
僕はシャボン玉の中にいる。
世界の外でも中でもない「中庭」でヨルが聴こえる青年と空を飛んだ少女は出会った。
他者への感情を動かすことを恐れる青年の心を解かすお話。

覆面作家企画7 覆面作家企画7「名前のない色
 現代|高校生|恋愛|性別違和|女装
美しくなかったらただのキモチワルイ変態なんだよ。
女生徒の制服で高校に通う男子生徒の三好アキナは、ひそかに恋心を寄せる物理教師がいる物理準備室に今日も通う。
ある日アキナは傷付いた心の内を吐露する。救いを求める彼(女)の叫び。

宿語りのシーガル 宿語りのシーガル「造花の種は芽吹かない
 現代|恋愛|BL|バイセクシャル|変化
「俺達には愛する恋人がいる」
颯と美景の二人は雪に閉ざされた部屋で今日も身体を重ねた。
どうして求めた体温は愛する人のものではなかったのだろう。


参加中の企画

STAR SPECTACLE 現代|アメリカ|劇団|ミュージカル
大豆さま企画のアメリカの劇団物語。さまざまな人が集まります。→本家サイト


短編集

↑new old↓
高嶺の雪   BL|日本人高校生×米人留学生|遠距離
音楽の神様  姉妹|吹奏楽|レズビアン
最後のメリークリスマス 恋愛|死ネタ|人食
飽く気    ワンライ|恋愛|終焉
死んだ魚   ワンライ|エッセイ風|孫と祖母
曇天     ワンライ|少女|鬱
僕を見ていて ワンライ|BL|カップル|悲しみ
月の恋涙   ワンライ|失恋|女性
きみへ    BL|片思い|切ない|散文詩
幼き日の花火 BL|中学生|花火大会
ふたりぼっち BL|高校生|病系
性徴     中学生|性別違和
弟がブラックコーヒーを飲んでいた話 ゲイ|女装|ハッテン場|兄弟
あなたの愛は偽れない BL|先生×生徒|死ネタ
文字に溺れる 自慰|異常性癖【R18】
ガラス玉   BL|おじさん×娼夫


300字SS

↑new old↓ Twitter300字SS参加作品
思い出    第十七回|テーマ:年の瀬|恋愛
閉ざされた戸 第十五回|テーマ:夜|恋愛
夏の終わり  第十四回|テーマ:音|青春


140字SS

Twitterに掲載したSS(ショートストーリー)のまとめです
001~005 006~010 011~015 016~020 021~025 026~030 031~035 036~040 041~045 046~050 051~055 056~060 061~065 066~070 071~075 076~080 081~085 086~090 091~095 096~100 101~105



いただきもの

弟がブラックコーヒーを飲んでいた話 ボイスドラマ (YouTube) 小さまより

Special Thanks!!
web拍手 by FC2
2014/06/23 (月)
novel

profile


名前 :: 佐倉愛斗(さくらまなと)
所在地 :: 愛知県
誕生日 :: 11/28(いて座)
   
Twitter :: abnormalize111
pixiv :: manato-abnormalize
narou :: 947934
Mail :: manato.abnormalize☆gmail.com(☆→@)
Booklog :: sakurasaku86

中学生のときに友人の勧めで小説を書きはじめる。
本格的に書き始めたのは当サイトを作ってから。
セクシュアルマイノリティ当事者。県内のイベントやお店にたまに出没する。

愛と恋と性を主題に、若さ故の痛みを鮮やかに描く。
現代小説がほとんど。たまにファンタジー。
苦悩する人が好き。


2014

06.23 サイト開設

2015

06.30 小説「弟がブラックコーヒーを飲んでいた話」ボイスドラマ化
07.01 Web創作企画「STAR SPECTACLE」参加
08.30 アンソロジー「アンソロ版僕らの世界!」寄稿
11.15 Webアンソロジー「宿語りのシーガル」寄稿
12.03 Webアンソロジー「覆面作家企画7」寄稿

2016

02.13 Webアンソロジー「arium」寄稿
04.03 名古屋コミティア48
05.28-29 NLGR+2016
05.28 アンソロジー「prism」企画・発行
08.16 Web連作アンソロジー「嘘つきは物語の始まり」発足
10.22 イラスト集「Longlife Accessories」文章寄稿
10.30 名古屋コミティア49
12.01 アンソロジー「虹のカケラ」企画

2017

03.31 Webアンソロジー「さくやこのはな」寄稿
04.30 名古屋コミティア50
04.30 文×画企画「椅子のある部屋」寄稿
05.20 プティ・プティトゥ ラ・ポム
05.27 アンソロジー「雨夜」寄稿
05.27-28 NLGR+2017
08.01 Webアンソロジー「夜明けのコーヒー企画2」寄稿
09.00 アンソロジー「犯罪アンソロ企画」寄稿


mail form

小説のご感想・リンク報告・執筆の依頼等はこちらのメールフォーム
もしくは manato.abnormalize☆gmail.com(☆→@)へお願いいたします。
返信の際【@gmail.com】からのメールが受信ができますようご準備ください。


お名前(HN可)

メールアドレス

件名

本文

web拍手 by FC2
2014/06/23 (月)
profile