vanilla 小ネタ集 2015/08

2015.08.03

「vanilla」
繁華街の外れにあるクラブでストリップショーをしている少年シャル
妖艶な笑みに隠した悲しみは数知れず
サディストで痛みを与えることに興奮する
ショーの中で希望者の骨を折ることもしばしば
休載中ですごめんなさい

とあるクラブでストリップショーをしている少年シャルは、あるショーの途中でスーツ姿の男性に「俺のためのショーをしてくれないか?」と話しかけられる
歪んだ純愛の物語

vanilla書きたい(創作意欲)
コンセプトは決まっていたのにプロットができなくてずっと放置してしまっている
社長×娼婦って美味しいとは思いませんか?

身なりが整っている上質なスーツ姿の社長さんが薄汚れた生々しいストリップショーの舞台を見ているというところにまずロマンを感じるし、社長だから金はあるというところにものを言わせて少年を買い取ってしまうところがまたね、よいね
僕の萌が詰まっている


2015.08.06

サディストとしてパフォーマンスをする少年がマゾヒズム的性感を得るという萌えに気付いた……よい
首筋に噛み付くようなキスをされ、筋が切れる痛みに啼く
翌朝、紅く鬱血した痕を見て痛みと恥じらいを思い出す


2015.08.19

vanillaのワンシーンで、キスしようとしたらシャルにビンタされて「気安く触らないでくれる?」と蔑んだ目で睨まれたい
僕なんか貴方みたいな立派な社長やっているような真人間に相手される資格はない
同情で触れないでくれる?
という悲しい意地を張ってほしい

シャルに恋する社長さんの名前まだ決めてなかった
まぁそのうちでいいか


2015.08.21

SM等過激なプレイしかしなかったシャルが愛され優しいキスに満たされるシーンとか最高かよ……



ランキング参加中です
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


更新通知をLINEで受け取る


目次 次のページ→


web拍手 by FC2
2015/09/28 (月)
vanilla

青嵐吹くときに君は微笑む 小ネタ集 2015/08

2015.08.02

一村くんとか青嵐組は考えないこととしよう
普通のだ、普通の
強いて言えばナギサは可愛い系ボクサーだ


2015.08.03

ジャニーズJr.に対して孫みを感じる渚くん

「青嵐吹くときに君は微笑む」
憧れの先輩に一目惚れをしてバスケットボール部に入ったものの補欠にすらなれない冴えない男子高校生の相原零
妹に逆らえないが、なんだかんだ妹のこもが好き
大人ぶろうと頑張るけれどまだまだお子さまです
サイト未掲載


2015.08.06

ナギサくん誕生日おめでとうございますだよ
19歳の誕生日は悲しみと孤独の真っ只中
20歳の誕生日は零くんとラブラブしてるんだろうな
21歳の誕生日は幸せな思い出をたくさん抱いて迎えるんだ

めっちゃ祝われてる(*´;ェ;`*)ありがとうございます
当の親が全然祝えていないというか、ナギサくんもきっと誕生日当日は自分でケーキ焼いて一人で食べるような子なのでいつも自分でなんでも背負わせてしまって、こんなにたくさんの人に祝われる日がくるなんて思わなかったので感涙です


2015.08.09

今日は夏野菜の天ぷらと豚のかたまり肉のコーラ煮です
作りながら余ったコーラを飲む渚くん……炭酸苦手だから代わりに零くんに飲んでもらうのも萌えるな


2015.08.17

僕の書くお兄ちゃんってどうしてこうシスコンなんだ
ゆっちゃんは希咲に寄り付く男皆殺しにする剣幕だし
零は雫に逆らえないけどなんだかんだ優しいし
秋久は妹の彼氏である一村くんに対して英語で脅迫するよね



ランキング参加中です
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


更新通知をLINEで受け取る


←前のページ 目次 次のページ→


web拍手 by FC2
2015/09/28 (月)
青嵐吹くときに君は微笑む

一村くんは数学的天才ではない 小ネタ集 2015/08

2015.08.03

「一村くんは数学的天才ではない」
数学が大の苦手な樋野春子(ひのはるこ)という進学校に通う女子高校生
どんな人をも許すおおらかさと、突拍子のないことに適応できずにオーバーヒートする頭を持っている
覚えることや知ることは好き

そこそこの進学校の特別進学クラスに通う高校生、樋野春子は数学が大の苦手
模試で悲惨な点を取ったその日、彼女は数式がびっしりと書かれた黒板の前で突然キスをされた
数学×スクールラブ


2015.08.11

春子ちゃんにお兄ちゃんいたら面白そう
数学野郎に俺の可愛い妹はやらんって怒ってほしい


2015.08.17

僕の書くお兄ちゃんってどうしてこうシスコンなんだ
ゆっちゃんは希咲に寄り付く男皆殺しにする剣幕だし
零は雫に逆らえないけどなんだかんだ優しいし
秋久は妹の彼氏である一村くんに対して英語で脅迫するよね


2015.08.21

女心が分からなさすぎる一村くんが脳内に降臨して楽しい



ランキング参加中です
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ


更新通知をLINEで受け取る


←前のページ 目次 次ページ→
web拍手 by FC2
2015/09/21 (月)
一村くんは数学的天才ではない

STAR SPECTACLE 小ネタ集 2015/08

2015.08.03

スタスペでサバゲやる人って誰だっけ
アンディさんはするらしいけど


2015.08.04

いつか全員をそれぞれ拉致って美味しいものをたらふく食べさせたい
美味しいもの食べようぜ(*‘ω‘ *)

大人数を一度に動かす自信がなくて結局1人だけ拉致ることになりそう
自分の頭の中に居ない人を書くのって難しい


2015.08.06

しらない間にナギサくん祝われてたよ!?!?!?ありがとうございます!?!?!?!?(混乱中)
ナギサくん誕生日おめでとうございますだよ
19歳の誕生日は悲しみと孤独の真っ只中
20歳の誕生日は零くんとラブラブしてるんだろうな
21歳の誕生日は幸せな思い出をたくさん抱いて迎えるんだ

めっちゃ祝われてる(*´;ェ;`*)ありがとうございます
当の親が全然祝えていないというか、ナギサくんもきっと誕生日当日は自分でケーキ焼いて一人で食べるような子なのでいつも自分でなんでも背負わせてしまって、こんなにたくさんの人に祝われる日がくるなんて思わなかったので感涙です

渚「グループ名前に名前の頭文字や人数を入れるとメンバーが脱退したときにツラいからやめたほうがいいよ……KA○-TUNとかK○s-My-Ft2とか……ジ○ニーズWEST4は『4』取って正解……SixTONESが心配」
零「悲しいから白目でマジレスやめようよ」
アイドルの闇は深いのです。スタスペ5は脱退しないと信じてる。


2015.08.19

ジジイに逆らえないおっさんの図が好きで勝手にLBさんを脳内に召喚している
LBさんが逆らえない相手って誰だろう


2015.08.20

本日のVS嵐を見た渚くんが泡を吹いて震えている件
渚「潤くんが大野さんに……大野さんが上目使いで押し倒さ……カタカタカタカタカタカタ」
アマタ「……ブゥ」(わかったから落ち着け)



ランキング参加中です
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ


更新通知をLINEで受け取る


←前のページ 目次 次のページ→
web拍手 by FC2
2015/09/14 (月)
企画 STAR SPECTACLE

休載のお知らせ

こんにちは、佐倉です。

Twitterをご覧になっている方は知っているかもしれませんが、現在入院中です。
持病があり、すこしよくない状態になったので静養のための入院です。
僕自身は元気なのであまり心配はいりません。
パソコンを持ち込むことはできないので病室で本を読んでゆったり過ごしています。

状態が落ち着くまでサイトの更新をお休みさせていただきます。
毎週連載していた「蒼血のアフェクシオン」「一村くんは数学的天才ではない」の2つの更新停止。
また、コメント返信等もお休みします。
急ぎの連絡はprofileのメールフォーム、またはメールでお願いしますが、返信に一週間ほどいただきますのでご了承ください。
投稿予約している、ツイートをまとめた小ネタ集はいつも通り月曜日に掲載します。

11月の更新再開を目標に、まずは自分を休ませることに徹します。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
web拍手 by FC2
2015/09/08 (火)
trackback (0) : comment (0) : blog

蒼血のアフェクシオン 小ネタ集 2015/08

2015.08.02

【議題】登場人物メンズのパンツについて
馨→メンズビキニっぽい
有希→謎センスなトランクス
拓磨→普段はボクサー、女装時はフリフリビキニ
睦樹→あいつちゃんと履いてるのか……?
お前ら……
イチゴぱんつを一番履いていそうな奴はゆっちゃんになりましたおめでとうございます
レディースのパンツ? 考えたら希咲に殺られるからやめます


2015.08.03

まずは魔法の基礎から
魔法が登場するのは「蒼血のアフェクシオン」
知覚魔法・動的魔法・受動魔法(魔法譲渡)の3つに分類されます
魔力を持つものは世界を四次元的に知覚し、知覚したものを変化させ、変化させる力を他のものに譲渡するという段階を踏みます

空間転移【動的魔法】主な使用者:羽鳥拓磨
物や人の位置を変化させる魔法
目で見える・記憶している・知覚魔法によって知り得た現在過去未来のへの移動と行使できる範囲が知覚によって異なる
ランクによって移動させられる質量、距離、回数が左右される

精神操作【動的魔法】主な使用者:加賀睦樹・桜井有希
人の精神や脳波に影響を与える魔法
有希(ランク2)は精神に安らぎや不安感を与える程度、睦樹(ランク6)は感情・記憶の改竄や治癒力の向上、身体機能の掌握ができる
幻覚や幻聴を引き起こすのもこの魔法

「蒼血のアフェクシオン」では魔法を知覚魔法、動的魔法、魔力譲渡の3つに分類しているけど、ほとんどが動的魔法なんだよね
動的魔法を譲渡するのが魔力譲渡だし
知覚魔法は全員使えている前提(莉那は全くできないけど)

「蒼血のアフェクシオン」
魔法使いが暮らす街の治安を守る特務魔法士に最年少で選ばれた羽鳥拓磨(はとりたくま)という女装男子
世界を統べる巫女のことを恨むイレギュラーな存在
色々と抱えているものはあります
語りきれないので本編をどうぞ

魔法使いの存在が明るみとなり魔法使いが権利を求めて立ち上がり日本国内に自治区を築き上げた世界
自治区の治安を守る拓磨らの新たな任務は、ある女子高生――空前絶後の予知魔法士『北辰の巫女』の護衛だった

蒼血の完結後の続編とかうっすら考えちゃったんだけどシリーズ化するのこれ
まだ本編序章だぜ?まず完結させることを目標にしよう


2015.08.10

「蒼血のアフェクシオン」の魔法士特別自治区は共産主義の国なんだよな
魔術産業によって莫大な財を得て、生活に必要な分が国民に分配される
かなり潤ってます

共産主義の国についてもっと知りたいな
個人経営のお店ってどうなるんだろう


2015.08.12

ゆっちゃんが暴言を吐いているだけで幸せなので書こう
ロマンティックなシーンは苦手じゃ

登場人物のセクシャリティまとめたことなかったのでまとめ
拓磨:有り体に言えば女装子(トランスなのか微妙)、バイセクシャル
睦樹:ゲイ
莉那:レズビアン、おこげ
希咲:FtX(無性)、Aセク
黒蜜:まだ自覚がないため不明
鈴花:ノンケ
有希:パンセクシャル
馨:女性的な男性、ゲイ

睦樹が盛大に空気をぶち壊しているのだがそれは……空気読めないのかなこいつ


2015.08.14

ゆっちゃんが優しいとなんかキモイ(楽しい)

ゆっちゃんが優しい……なんだこれキモイぞ……(失礼千万)


2015.08.17

僕の書くお兄ちゃんってどうしてこうシスコンなんだ
ゆっちゃんは希咲に寄り付く男皆殺しにする剣幕だし
零は雫に逆らえないけどなんだかんだ優しいし
秋久は妹の彼氏である一村くんに対して英語で脅迫するよね

拓磨って妹いそう
妹は精神科の閉鎖病棟に入院してる
不安定な魔力と経験からそうなってもおかしくない

むっつんにはお姉さんいるよね
「げっ、姉貴」と嫌がってほしい
お姉さん豪快な人だろうな
過去を考慮すると睦樹にちょっと引け目をかんじているのかもしれない

むっつんの姉は豪快なビッチであってほしい
勿論巨乳。いぇあ巨乳。
赤い髪をアップにしている……ん?これは篠崎学園の養護教諭さんじゃないっすか

話にいつか出てくるのかな
むっつん姉は馨の同僚でもあるからそのうち出てきてもおかしいくないよな

「むつきー、仕事よー」
「げっ、姉貴」
「何よ、昨日も黄緑のおちびちゃんとお楽しみだったくせに」
「勝手に嗅ぐな、バカ姉貴。姉ちゃんも昨日はどこぞの男とヤってたんだろ?」
「そう、聞いてよー。昨日捕まえた男が超絶遅漏で全然テクニックも無くて、こっちの股も乾くっつーの」
「で、仕事は?」
脳内で再生された姉弟の会話が酷過ぎて

ヤリマン姉貴とヤリチン弟の会話って酷い(楽しい)
いつか登場させよう

黄緑のおちびちゃんがじわじわ来てる


2015.08.21

むっつんもそうだけど、愛を知らない子が愛を教えられて葛藤して満たされるところが好き
愛を知るって痛いよ
痛いけど、それでも幸せだよ


2015.08.23

#恋人が知らない人と仲良さげにしていた時のうちの子の反応
拓磨→何も言わず拗ねる
睦樹→「あの子、誰?」
莉那→「あたしも混ぜてー」
希咲→そもそも恋人を作らない
有希→「お前友達いたんだ……」
馨→「いいなー」眺めてる

ゆっちゃん、かおるんに失礼の巻


2015.08.24

昔のサイト見てたらものごっつ古い拓磨くんのイラスト出てきた PC壊れてデータ全部飛んでたから見つけられてラッキーだわ
20130601184318bfb.png

2年ほど前のイラストだからかなりキャラデザ変わってる
懐かしいな


2015.08.27

お酒が回ると血色がよくなるのは知っていたが、爪が真っ赤になるのにはグッと来るものがあったな
魔法使いは酔っぱらうと肌が青みを帯びて爪が鮮やかな青になる……よい。


2015.08.29

希咲のおっぱいが大きい話を書いてグヘヘヘしてる
シリアスからのコメディ

血液検査を怖がりまくる世界最強の魔法使いisカワイイ


2015.08.31

莉那たんが思春期丸出しでちょっと楽しいよね

酔っぱらったかおるんにベタベタ甘えられて嫌な気はしないゆっちゃんを思い浮かべて幸せになっている



ランキング参加中です
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


更新通知をLINEで受け取る


←前のページ 目次 次のページ→


web拍手 by FC2
2015/09/07 (月)
蒼血のアフェクシオン

300字SS 夏の終わり

 指揮者が音を収めた一瞬の間。私は「夏が終わった」と悟った。
 残響がびりびりと頬を撫でる。達成感と後悔。審査員が私たちを見定める眼差しが痛かった。
 楽器を下ろし立ち上がると、緊張が解けるように拍手が送られた。
 私のこの夏はなんだったのだろうか。たった十三分のために何百時間も練習した。毎日朝から晩まで。汗を流したこの夏はなんだったのだろうか。
 あんなに悔しかったのに涙は出ない。悔しくて泣けるほど本気になれていなかった私の存在に気が付いた。本気になって悔しがることを怖がっていた私が、私の足を止めていたのだ。そのことが、悔しくてたまらなかった。
 結果は銀賞。
「次こそは全国へ行く」
 私は悔し涙を流す覚悟を決めた。


こんばんは、佐倉です。お読みいただきありがとうございました。
Twitter企画「Tw300字SS」に初参加しました。
300字は短いようで案外書きごたえがありますね。
お題が「音」ということで、吹奏楽コンクールを主題に書いてみました。
読みましたのサインに是非とも拍手のほどよろしくお願いいたします。

ランキング参加中です
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


更新通知をLINEで受け取る
web拍手 by FC2
2015/09/05 (土)
300字SS

140字SS 046~050

046 fight

帰宅して、一人になって
悔しくなれるほど頑張れなかった自分がやるせなくなって
舞台に立つことはとても楽しい
その舞台に立つためには勝ち続けなくてはならない
競うために音楽があるわけではないけれど、どこかで戦わなくてはならないと思い知った
楽しく戦います
他者、あるいは自分と




047 呪縛

君が出てきた夢は悪夢だった




048 トクベツ

「私は特別になりたい」と呟いた少女は星屑の海へ飛び降りた
「僕は特別になりたい」だからホルンを吹いた




049 曇り空が悪いなんて誰が決めた

月明かりで虹色に輝く雲を見て、僕は曇り空が好きになった




050 どうか

「心配」ってとても身勝手なものだと思っているけれど、いざ心配してみるとこんなにも苦しくて落ち着かないものなのだな
身勝手でごめん
でも貴方のことが気がかりでしょうがない
「心配させてごめん」なんて言葉は要らないから、どうか笑ってくれないか







ランキング参加中です
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ


更新通知をLINEで受け取る
web拍手 by FC2
2015/09/04 (金)
140字SS

蒼血のアフェクシオン Chapter01 魔法の学園 10

「嫌いなんてそんな、僕は一言も言ってはいませんよ」
 怒りで震える声で言う。立ち上がった莉那からの驚きの視線が痛い。
「言わなくても分かるわ。私に『思い出せ』ないものはないのだから。貴方の思いも、過去も、未来も、全部知っている。今日の昼食も、いつ死ぬのかも。全部」
 しっとりとした声で述べる希咲に僕は本能的な畏怖と嫌悪を感じる。僕が隠したい恥ずかしいことも全て知っているのだ。過去の若さゆえの過ちも、睦樹とのセックスも、邪な想像も、彼女は全て知っている。それほど恐ろしい脅威はない。それに……彼女は僕に殺させたのだ。
「あと、敬語はやめてね。私が巫女だとばれたら大パニックになってしまうから。私のことも希咲でいいわ」
 何も言えなくても彼女には伝わっているのだ。それでも平然と言う。巫女は人ではない。そう僕は感じた。
 憎しみに心が染められる。真っ黒に、深く、泥のように。
 僕が何も言えないでいると、希咲はこちらを向いて微笑んだ。
「私を殺そうとしても無駄よ。私が死ぬのはずっと先のことなのよ? 護衛としてしっかり働きなさい」
「ちょっと待ってください」と莉那が話を遮る。
「はーさんが巫女さまを殺す? 何で? あたしたちは巫女さまに選ばれた僕(しもべ)なのよ? はーさん、なんとかいいなさいよ」
 莉那の両手が僕の肩に強く食い込む。彼女の怪力なら下手したら鎖骨が折れそうだ。激しくすがるようにゆすられて視界がチカチカする。
 見かねた睦樹が止めに入る。莉那の額にキスをして魔法をかけた。莉那はたちまち体の力が抜けてその場に座り込んでしまう。莉那は、泣いていた。
「希咲も言い過ぎだ。拓磨だって君を今すぐ殺そうだなんて思ってないだろ? それは希咲だって分かってるはずだ。拓磨も怖いだけだろ?」
 僕は無言でそっぽを向いた。睦樹はそれを同意ととる。
「そうね、少し脅かし過ぎたかしら」
 希咲は悪びれた様子もない。様子を見ていた希咲の義兄の馨が、ひとつ溜め息を吐いて、やっと口を開いた。
「希咲はこの通り気難しいけれど、仲良くしてあげてください。それと、昨日の事件の進展がありました」
「昨日って、あのバスの爆発事故のことかしら?」
 睦樹の魔法が切れ、動けるようになった莉那が涙を拭きながら立ちあがる。希咲に席を譲り、腰掛けさせた。
「昨日のバスの爆発事故ですが、事故ではなく事件だと分かりました」
 特務魔法士の拓磨、莉那、睦樹が息をのむ。
「爆発したバスから火薬と爆弾片を確認。占師の解析の結果、自治区外で取り付けられた爆発物が区内に入ると爆発する仕組みになっていました」
「犯人は分かってるんですか?」
 拓磨が尋ねると、馨は「そこまではまだ」と葡萄色の目を伏せた。
「犯人は、『ノーマライズ』よ」
 希咲が声をか細い声を張った。


こんばんは、佐倉です。お読みいただきありがとうございました。
新たなキーワードが登場しました。物語が動きはじめます。
読みましたのサインに是非とも拍手のほどよろしくお願いいたします。

ランキング参加中です
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


更新通知をLINEで受け取る


←前のページ 目次 次のページ→
web拍手 by FC2
2015/09/02 (水)
蒼血のアフェクシオン