青嵐吹くときに君は微笑む 15

「本当に泊まっていっていいんですか?」
「うん、こんな雪だし、クリスマスを一人で過ごすのは寂しいから」
 目を伏せながら食器を洗っている先輩は言った。
 彼の睫毛の先が小さく揺れて、食器を拭く手が気付いたら止まっていた。
 本当にこの人と両想いになれたんだ。そう思うだけで、大声で叫びたいような、身体全体を暖かな毛布でくるまれたような心地がした。
「お兄ちゃんのどこがいいんだろ。あんなもっさい万年ベンチ男なのに」
「うんうん、男のどこがいいんだろ。柔らかなおっぱいの素晴らしさが分からないのかね」
「そりゃ、優しいところはあるけど、絶対詐欺とか遭うから。お兄ちゃんバカだしヘタレだし」
「バカ男なんて滅べばいいのよ。美少女さえいればあたしは幸せなの」
 リビングから呪詛怨念の塊談義が聴こえてくる。しかも微妙に嚙み合っていない。こたつの魔力から逃れられない彼女たちはうだうだと机に頬を乗せて語り合っていた。
「ごめんね、いつにもまして華ちゃんがバカ言ってて」
「大丈夫です。俺の妹も酷いんで」
 顔を見合わせてふふ、と笑うと、自然と唇が重なっていた。生クリームとチョコレートの甘い味。
「あーナギちゃん、ちゅーしてるー! これだからリア充は! アベックなりたて男共はさっさと皿洗い終わらせてベッドでギシアンしてろ、バーカバーカ!」
「お兄ちゃんのバカー! 私だってしたいのにぃ!」
 こたつ方面から大ブーイングが飛んでくる。見られていたことを思い出して耳が熱くなった。
 扇田さんが妹に「じゃあ、あたしとちゅーする?」と訊いてあっけなく断られていたところで、俺たち四人、みんな笑っていた。

「二回目ですね、ここで寝るの」
「そうだね。びっくりしたよ、急に倒れるんだもん」
「その節は大変ご迷惑おかけしました」
 はい、ここでまるで平常心かのように会話をしておりますが、相原零、非常にどぎまぎしております。着替えがないからとパンツと肌着姿になっておりますが、寒さが正直分かりません。でも指先や耳先が冷たいのは確かで。それでその。
「零くん、なんで、正座で股押さえてるの?」
 だって、男の子だもの。
「まあ、聞かなくても分かるけどね。零くん」
 先輩の大きな瞳がゆぅらりとキャンドルの炎できらめく。先輩が俺を抱きしめ、耳から頭の真ん中へ言葉を届ける。
――名前で呼んで。
「なぎさ、先輩」
「うん」
「渚先輩、好きです」
「僕もだよ、零くん」
 唇を合わせて、柔らかなベッドに倒れ込む。
「触れてよ、零くん」
 先輩の身体は酷く冷えていて、俺の熱が届けばいいのにと願った。
 その先は、意識がふわふわして、心が熱くて、赤子に戻ったような安心感の中で眠った。この記憶は、俺と渚だけが共有する大切なタカラモノにしようと思う。



お読み頂きありがとうございます。
濡れ場になると筆が進むタイプの人間です。
拍手をぽちっとしてくださると作者が喜びます。

ランキング参加中です
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へにほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ



←前のページ 目次 次のページ→
web拍手 by FC2
2017/01/31 (火)
青嵐吹くときに君は微笑む

青嵐吹くときに君は微笑む 14

「レズ? ホモ? どういうこと?」
 滴は酒本先輩と扇田さんを交互に見て、それから俺に戸惑う瞳で助けを求めた。
「あっちゃー。もしかしてナギちゃん言ってなかったの? ごめんね」
「いいよ。いつかは言わなきゃ、って思っていたし」
 酒本先輩は息を整えると、俺たちの方に向き直った。
「僕は同性愛者。男の人が恋愛対象なの。滴ちゃんが僕のこと好きだって知ってた。知っていたから言えなかった。本当にごめんなさい。それでね、零くん」
――零くんのことが好きなの。

「滴、しずく! 待てってば」
 コートも着ないで飛び出した妹を追いかけて俺は走った。真っ暗な空から冷たい雪が静かに降りてくる。きっと明日には一面を白に染めるだろう。
 駅前のロータリーで滴の冷え切った細い手首を掴む。
 立ち止った滴は小さな声で言った。
「お兄ちゃんは知ってたの?」
 俺は後ろから抱きしめて言う。
「うん、知ってた。再会したあの日から」
「なんで、教えてくれなかったの? 私言ったよね、渚先輩のこと好きだって」
「言えるわけないだろ。人のプライバシーを」
「そう、そうだよね」
 滴は、声をあげて泣いた。身体が引き裂かれるような、雪の静かさを恨むような声で。
「なんで私じゃないのよ。なんで先輩は私を選んでくれなかったの? 性別でごめんなさいされるなんて思わないじゃない……私に勝ち目なんて、ひとつもないじゃない」
「お兄ちゃんさ、酒本先輩のこと好きだよ」
「知ってるよ」
「それも、多分高校一年生で初めて出会ったときから」
「何それ……敵うわけないじゃん」
 ふふ、と滴は涙を拭って笑った。
「お兄ちゃんは渚先輩と付き合うの?」
「うん。先輩がやっぱりなしって言っても、いつまでも待ってる」
「何それ、無駄にカッコよくてムカつく」
 滴は俺の頬をつねって言った。
――渚先輩を幸せにしなかったら許さないから。

「ただいま」
 先輩の家に戻ると、扇田さんが「よっ、青春兄妹」とはやし立ててきたが、原因が自分であることを忘れているのだろうか。いや、笑うことでしか救われないと知っているんだ。
「おかえりなさい、零くん、滴ちゃん。ケーキあるから食べようか」
 ダイニングテーブルの真ん中にはチョコレートのロールケーキ。柊の葉が飾られたブッシュドノエルだ。
「これはあたしからのおみやげね。うちのスーパーの商品の中でも一番高いやつだから」
 扇田さんは、ナギちゃんにはいつも美味しいご飯食べさせてもらっているから、と笑った。
「あっ、やっぱりナギちゃん手作りの方が良かった?」
「それは渚先輩が大変過ぎですから」
「おっ、しずくっち、分かってるね」
 女の子は強い。失恋してもこうやってすぐ笑う。いや、たくさん泣いたから笑えるのだ。感情は出すことで整理できる。その勇気を持った人だけが笑えるんだ。
 あのコンサートの日、泣いた酒本渚は心の整理ができたのだろうか。
「酒本渚先輩、俺と、付き合ってください」
 先輩の笑顔を見たい。これは鮮烈な一目惚れ。そして願いは、今、叶った。



お読み頂きありがとうございます。
よかったねぇ零くん(´;ω;`)ウゥゥ
ここで終わりではないのですけどね、ふふふ。
拍手をぽちっとしてくださると作者が喜びます。

ランキング参加中です
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へにほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ



←前のページ 目次 次のページ→
web拍手 by FC2
2017/01/24 (火)
青嵐吹くときに君は微笑む

青嵐吹くときに君は微笑む 13

 ダイニングテーブルにつくと、何故かお皿が四人分用意されていた。
「あれ、今日は四人なんですか?」
「うん、もうすぐ着くと思うよ。バイトしてから来るって言ってた」
 勢いでキスしてしまった先輩は意外とケロッとした顔をしていて。意識しているのが俺だけのようで何か寂しい。いや、本当に俺の煩悩どうにかしよう。
「メリークリスマース!」
 女性のけたたましい声と共にリビングのドアが開く。真っ赤なワンピースに黒いベルトに黒いニーハイ。そう。先程スーパーの前でケーキを売っていたミニスカワンピサンタクロースだ。
「ナギちゃんメリクリー! 今日のご飯は何かね? ――おや? 君たちは先程見かけたアベックではないか!」
「アベックって華(はる)ちゃん、それ死語だよ。あとバイトの服装のまま来たの?」
「もう、そんな固いこと言わないのナギちゃん」
 華ちゃんとよばれた女性は、あろうことか酒本先輩と熱い抱擁を交わしていた。先輩が、女性と? しかも嫌がることなく戯れている。有体に言えばカップルのイチャイチャそのものだ。
 俺の動揺も大きいが、心配で滴の方を見る。案の定、真っ青な顔をして固まっていた。
「華ちゃん苦しいよ」
「ふふーん、またあたしの乳が成長したってことか。ほれほれ」
「もう、やめんしゃい」
 確かにふくよかな胸部を先輩の肩あたりに押し付けている。うん。でかい。いや、そうじゃなくて。あの酒本先輩が拒否反応を起こさずに女性と戯れているという絵に圧倒される。実は彼女なのか?
「あの」
 滴が震える声で切り出す。
「二人はどのようなご関係で?」
「あーメンゴメンゴ、ナギちゃん可愛いから習慣でね。あたしは扇田華(せんだはな)。ナギちゃんとは同じ大学で、予備校時代からの仲さ。あのナギちゃんにあたし以外の友達ができるとは。いやー、おばさん泣いちゃう」
 うんうん、と目を手で覆って泣きまねをする扇田華という人物に、なんというか、胃もたれがした。とりあえず友達らしい。酒本先輩も「また華ちゃんがバカ言ってる」と呆れているのでこの反応は正常らしい。
「とりあえずご飯にしようか。みんな、手洗いうがいしたら席についてね」

「へー、コンサートの日に零ちゃんがナギちゃんをナンパねー。やるじゃん、君」
「ナンパっていうか、偶然会っただけで」
「でも好きなんでしょ?」
 助けてください。この人すごく強烈です。明るいを通り越してギラギラしています。恋バナ大好き女子大生怖いです。
「好きというか、その、先輩として、はい」
「ホントんとこはどうなんだろうねー。ね、ナギちゃん?」
「華ちゃん、零くんをイジメ過ぎないよ?」
 呆れて笑う先輩の耳がほんの少し赤いなんて、俺の心は舞い上がりそうだ。
「お兄ちゃんは無いでしょ。男同士なんだし」
 先程から黙々とローストビーフとマッシュポテトを食べていた滴がポツリと言う。
「え? ナギちゃんゲイだし、普通じゃない? 毎年二人、クソレズ&クソホモで寂しくクリスマスしてたじゃんね」
「えっ……?」
 滴のナイフが落ちる。そのまま、心臓に落ちたかのように滴は真っ青になっていた。



お読み頂きありがとうございます。
アウティング、ダメ、ゼッタイ。
華ちゃんの強烈なキャラが実は好きだったりします。
拍手をぽちっとしてくださると作者が喜びます。

ランキング参加中です
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へにほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ



←前のページ 目次 次のページ→
web拍手 by FC2
2017/01/17 (火)
青嵐吹くときに君は微笑む

あけましておめでとうございます

こんばんは、佐倉愛斗です。
新年あけましておめでとうございます。
少し長めのお正月休みをいただいて、また創作活動開始です。
どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

現在決まっている今年の予定です。

アンソロジー

ひとつ目はAmayo anthologyさま
雨の降る夜をテーマとしたアンソロジーです。
甘々両片思いBLを書きました。糖度15%くらいの甘さです。甘いです。
こちらは1月中に発行予定と伺っています。

次は百人一首アンソロジー「さくやこのはな」さま
百人一首にまつわる小説・漫画・イラストをつくろうというWeb企画です。
サイトの作りがかっこいいです。なんじゃこりゃ。
本当に百人集まって書くのだと思うと百人一首は後世でも愛される作品なのだと感じます。
僕の担当は四番です。真っ白な世界で僕は何を思う。
三月末まで順次サイトにて公開予定です。

そして犯罪アンソロ企画さま
犯罪を取り入れた作品を集めたアンソロジーです。
それだけでワクワクしますね。罪を犯すというのには残虐さとそれに見合うだけのロマンがあります。
僕は三角関係モノを書きます。時速120キロメートルの電車が彼女の肉片と桜の花びらを散らした。
実はまだ登場人物たちの性別を決めていません。どれにしよう。
今年の9月発行予定です。


参加予定のイベント

毎度おなじみになってきた名古屋コミティアが50回目を迎えます。
抽選などなければまた文芸スペースで参加予定です。
既刊が少部数のため売切れたらいいなあのつもりで持っていきますね。
4月30日日曜日11時から名古屋国際会議場にて開催です。
皆さん遊びに来てね。

そしてNLGR+2017に今年もブース参加できそうです。
知人がスペース使っていいよと言ってくださり「あなたが神か」と真顔で言ってしまったやつです。
NLGR+とは名古屋のセクシュアルマイノリティ向けのイベントです。
いわゆる内向けのイベントですので、気になった方は個人的にお問い合わせください。
5月27・28日の週末開催です。いい天気になりますように。

そしてまだ未確定ですが、名古屋アースデイ2017に出展するかもしれません。
お話をいただいている段階なので、また確定しましたらお知らせいたします。


委託予定のイベント

知人のご協力のおかげでLGBTアンソロジー「prism」の委託頒布が決まりました。
第一回文学フリマ京都 1/22 京都市勧業館 みやこめっせ 地下第一展示場 き-41
第5回Text-Revolutions 4/1 都立産業貿易センター台東館 4階
協力していただき本当にありがとうございます。また詳細は決まり次第随時お伝えしますのでよろしくお願いいたします。


主催企画

昨年末に発足したLGBTアンソロジー2「虹のカケラ」の準備が着々と進んでいます。
今回のアンソロジーは「セクシュアルマイノリティの人が1人以上登場する」というお題の他に「雨」をキーワードとした物語を書いていただいています。
どんな作品が集まるのか非常に楽しみです。
4月30日の名古屋コミティア50にて頒布開始予定です。

何か面白いことできないかなーなんていつでも考え中です。
無理のない範囲で活動していきます。


執筆活動

まずは名古屋コミティア50に向けて「青嵐吹くときに君は微笑む」を完結させます。
個人的にすでに気に入らない部分が出てきてこんちくしょうしていますが、完結させるということが大事なので、よりよい方向でまとめられたらと思います。
その後はちょっと書きたいなぁと思う題材が出てきたのでまた長編に挑戦するかと思います。
読むこと・書くこと。その両方が僕には足りていません。確実に実になる作品作りを心がけて、皆さんに心から楽しんでいただけるように頑張っていきます。
新人賞にも応募したいのですが、タイミングがつかめないというのが本音です。新人賞の原稿をやりながらサイトで連載するのはおそらく無理なので。
目指せ文壇デビュー!書店に平積みされたい!ポップとか置かれたい!印税生活したい!
夢は大きく。夢を言葉に。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
web拍手 by FC2
2017/01/10 (火)
trackback (0) : comment (0) : blog

青嵐吹くときに君は微笑む 12

 やってきましたクリスマスイブ。滴は「今日はアイドルのどの人が誕生日でー」なんて言っているが、世間一般ではイエスキリストの誕生日前日である。そしてこの国日本ではクリスマスは恋人たちが集う日になっている。世界でかなりの人が信仰している宗教の神みたいな人の誕生日にそれはアリなのだろうか。ともかく、恋人たちが集う大切な日に酒本先輩と共に過ごせることが嬉しくて俺は浮かれていた。
「パーティーって何着ていけばいいんだろう」
「家だし、私服?」
「じゃあ室内では脱げる上着を着ていこう」
 俺たち兄妹はこんなに仲が良かったのだろうか。先輩とまた関わるようになってから滴と話すことが増えた気がする。しかし滴は知らない。滴は俺の恋敵だ。俺が勝手にそう思っているだけだけれど。
 家から出ると冷たい風が頬を刺した。空は鈍い銀色に光って、今にも雪が降りそうなくらいだ。
「うひー、寒いね、お兄ちゃん」
「そうだな」
 手をモッズコートのポケットにつっこんで、マフラーに顎を埋めた。滴も長い髪をふたつに結って青いスヌードを首に巻いている。
 駅前のスーパーでサンタクロースの恰好をしてクリスマスケーキを売る少女が目に入った。サンタクロースなのに、ミニスカート。この寒空で。ミニスカサンタは南半球だけにしてあげたいほど見ているのが寒い。
「ミニスカサンタを生み出した現代の煩悩を打ち払いたい」
「お兄ちゃん何言っているの。すけべ」
 そういう意図じゃない、と滴の冷たい頬をつねった。
 ミニスカサンタの少女は短い髪を揺らして、俺たちに手を振った。カップルだとでも思われたのだろうか。滴とだけはないな。
 逆に酒本先輩がミニスカサンタを着たらどうだろうか。
「やっぱり俺の煩悩も打ち払いたい」
「お兄ちゃん、やっぱりすけべじゃん」
 可愛いものは可愛い。可愛いは正義です。

 先輩のマンションに着くと、部屋中にクリスマスの飾りがされていた。キャンドルが溶ける甘い匂いと、美味しい食べ物の芳しさ。きらきら揺らめく炎に俺たちは最高潮に浮かれていた。
「零くん、滴ちゃん、いらっしゃい」
 エプロン姿の酒本先輩は今日も柔和な笑みで俺たちを迎えてくれた。BGMはもちろんアイドル曲だ。
「渚先輩、お邪魔します。今日のご飯は何ですか?」
「こら、滴」
 真っ先にご飯のことを訊く食いしん坊な妹に少し呆れる。が、酒本先輩は口を押えてころころ笑っていた。
「ごめん、滴ちゃんがアイツみたいなこと言うから。今日はローストビーフ作ったから楽しみにしていてね」
 やったー、と滴は喜んでいたが、先輩の言う「アイツ」って誰だろう。
「ご飯できるまでもう少しかかるから、おこたでゆっくりしていてね」
「あっ、私手伝います」
「そう? じゃあお皿並べてくれる?」
 先輩の横に率先して並ぶ滴の姿を見ていると、本当に先輩のことが好きなのだと背中で分かる。お似合いだな。俺なんかよりずっと。何もできなかった俺なんかより、酒本渚という人物と真正面から向き合おうとしている妹の方が。でも先輩が滴に恋をする日は来るのだろうか。
 そんな日、来なきゃいいのに。
「零くん、そろそろ食べよ」
 はっとして顔を上げると、酒本先輩は俺の横にしゃがんで目線を合わせてくれていた。
「暗い顔してたけど、何かあった?」
 小さく動く桜色の唇。
 引き寄せられる。酒本渚という人物に。
 そして、やはり先輩はシトラスの味がした。
「れ、零くん?」
 酒本先輩は唇を指先で押さえた。
 俺はしてしまったことへの謝罪の言葉を探す。頭を掻いて、無意味な声をあげて。
「謝らないで。謝らなくていいから」
 酒本先輩は俺の手を握った。
「せんぱーい、おにーちゃーん。何してるの、食べるよー?」
「ごめん、今行くね」
 首筋まで紅く染めた先輩に、俺はしばらく動けなくなった。



お読み頂きありがとうございます。
零くんのすけべ。
拍手をぽちっとしてくださると作者が喜びます。

ランキング参加中です
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へにほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ



←前のページ 目次 次のページ→
web拍手 by FC2
2017/01/10 (火)
青嵐吹くときに君は微笑む