一村くんは数学的天才ではない 小ネタ集 2016/01

2016.01.01

#うちの子が新年のご挨拶
一村夏目「新年あけましておめでとうございます。今年は閏年ですね。閏年は西暦が4で割りきれ100では割りきれない年と400で割りきれる年です。見分けかたは下2桁が4の倍数である、もしくは下2桁が0で千と百の2桁が4で割りきれない年ですよ。今年は2016年。下二桁が16なので4で割りきれますね。なので閏年となります。1年がほんの少し長い年ですが、考えられる時間というものはこの恐ろしく長い地球の時間の一瞬です。新しい数学の世界を発見できるよう今年も努めてまいります。」


2016.01.02

僕にとって最大の濡れ場は一村くんに数学語らせているときです。
恍惚とした表情で雄弁に数の世界を語る一村夏目。唾液の粘り気が増して瞳が熱に潤む。静かに沸騰する血液が頬を染めて、急く心臓に掻き立てられて言葉に熱い吐息が混ざる。果てしなく広がる数の世界に身を投げて、快楽のままに……

眠いとつらつら言葉が出てくる。眠いとムラッとするじゃん?それです。
一村くんの異常性癖はなかなか想像しづらいんだろうなー


2016.01.05

彼氏に円周率がひたすら書かれている本をもらったのだがどうしろと。覚えればいいのかな

僕が数学ならなんでも食いつくと思うなよ!!!!!(大興奮で受け取りましたありがとう)


2016.01.07

演算を加減しか持っていないとプラスがマイナスになるとたくさんのものを失ったように感じるけれど、そこに乗が加わるとプラスをマイナスにするのもマイナスをプラスにするのもどちらもマイナスをかけていること同一としてみなせる
手持ちの道具が多い方がもっと広い世界に出会えると信じてる

そこに除法とか巾乗とかΣとかΠとか加わるとね(落ち着きなさい)

マイナスをかけることを180°の回転とみなしている僕は複素平面上に生きている

群とか法とかもっと勉強したい範囲ではある(数学の話)


2016.01.09

思考回路が基本数学馬鹿なので、唐突に多次元の話をしたり科学哲学的なお話が出てきます。そのくせSFは書いたことありません。書けるほど詳しくはないのです。もっと勉強したいですね。一村くんが語る数学も高校生が理解できる範囲です。


2016.01.12

複素数 #これ見たフォロワーさんは自分のフェチ晒していけ

半径が0未満の円は座標平面に虚軸ぶっさして立体として把握すると花弁吐ける程度には萌えるんだけど、半径が0未満の球は座標空間に虚軸ぶっさして四次元的に捉えたら何か見えるのかな……四次元の扱いがまだ下手だからなぁ


2016.01.19

「一村くんは数学的天才ではない」の一村くんのことを哲学者の知り合いに話してみたら「数学で性的興奮を得られるのは一種の才能で天才と呼べる」と言われたので一村くんは数学的天才らしいです(本末転倒)


2016.01.29

 今日は運がいいみたい。
 今朝乗った電車の番号は2116。平方数。
 バスのナンバーが1024。2の累乗。
 偶然もらったスーパーのチラシには6時から特売。階乗数で完全数。
 時計を見ると8時21分。互いに素。
「おはよう、一村くん」
 ほら、朝からいいことがあった。
「おはよう、樋野さん」

やっぱり数字といえば一村くんですよ。僕のクソ数学フェチを全て投影した物語ですから。
今日も本屋の数学書のコーナーで一人(0゚・∀・)wktkしてきたよ。「虚数の情緒」読んでみたいけど分厚すぎて何年もかかりそうと震えてきたぜ(N回目)(Nは自然数)







ランキング参加中です
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ


更新通知をLINEで受け取る


←前のページ 目次 次ページ→