幼き日の花火

 暗闇の中、鮮やかな炎が君の横顔を照らした。色とりどりの光の花に筑紫は顔をほころばせる。その視線に気づいた君がこちらを向いて照れたように笑った。
「何見てんだよ、龍星」
「君が綺麗だからだよ」
 揶揄するようにキメ顔で答えるとバーカと言って筑紫は耳を赤くした。

「俺さー、小せぇとき花火嫌いだったんよね」
 ベランダの手すりに体重を預けた筑紫が言う。
「なんでぇ? お前花火好きじゃんか」
「見た目は綺麗なんけど音がさ、こうドーンと心臓を押しつぶすみたいに響くじゃん? だから大きな花火が上がる度に耳塞いで見とったんよ」
「なにそれ可愛いな」
「でたげ龍星のショタコン発言」
「俺は紳士ですから」
 至って真面目な俺にケラケラ笑う筑紫の背中を軽く叩いた。同時に俺たちは噴き出してまたバーカ、バーカと笑う

「でも今こうしてさ、龍星と花火をこうやってのーんびり見れて、幸せだなって思うよ」
「音で怖がることもなくなったしな」
 煩い、と一蹴して筑紫は続けた。
「俺が小さい時と変わったことがあるってことはさ、これからも変わっていく可能性があるってことじゃんね? それでもさ、変わらずに龍星と居られたら……なんて思うよ」
 筑紫のまっすぐな瞳に打ちあがった花火の光が写る。
「きっと俺らは変わっていくんよ。でも、それでも俺は筑紫と居たいと思う」
「ふふ、なんか俺らポエミーだげ」
 柔らかく笑う筑紫の唇にそっと唇で触れる。
 誰もいない展望台のベランダで、俺たちは幼い愛を語り合う。
 大人になるのはもう少し先の話。



お読みいただきありがとうございました。
先日地元で花火大会があり大輪の花を眺めながら思ったことをお話にまとめてみました。
登場人物の台詞をあえて僕の地元の方言にしてみました。こんな学生たくさんいます。田舎臭さが出ていれば幸いです。
いつもたくさんの拍手ありがとうございます。よろしければ感想などお待ちしております。

ランキング参加中です
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へにほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
web拍手 by FC2
2014/07/30 (短編集)