140字SS 101~105

101 あなたは子猫

「今日も君の夢を抱いて眠るよ、子猫ちゃん」
 引きつった顔で君が言うものだから、とりあえず頬をつねった。
「何の風の吹き回し?」
「先ほどゲームに負けた罰ゲームです」
 正直に白状したことは褒めてやる。
 僕は囁く。
「君と夢で会えるのを楽しみにしているよ、子猫ちゃん」
 真っ赤になる彼がおかしくて。


102 金魚の尾

 ゆらり。ゆらり。丸い小さな世界で揺らめく赤。
 捕まえたくて、触れられなくて、閉じ込められて。
 宝箱の中に飾られた赤い金魚はただ泳ぎ続けて、小さな世界で生きている。
 外の世界は危ないから、とばぁばは言うから、僕もこの金魚と一緒。
 ゆらり。ゆらり。僕の心を撫でるように揺れる。


103 大学ノート

 はじめの一言は、とても丁寧に、綺麗な字で書いた。愛してるよ、と美しい言葉で飾り付けて。
 ところがどうしてだろう、気付いたら馬尾雑言が並び、書き殴ったような汚い字でノートは荒らされていた。
 このノートも最後まで使い切れなかったな。
 最後だけは丁寧に。さようなら、愛した人よ。


104 赤で塞ぐ

「あなたのことが――」
 言いかける僕の唇を、真っ赤なあなたの爪が止める。
 たとえ世界が許さなくても、あなたへの思いを止められない。
 でもあなたはその言葉だけは言わせてくれない。
 僕が君を守ると言ってもきっとあなたは許してくれないのでしょうね。
 真っ赤な爪の根元、薬指にシルバーリングがある限り。


105 彼岸花の舟

 彼岸花で編まれた舟で川を進む。
 こぽりこぽりと音を立てて沈みながら。
 ねえ、早く乗りましょう? 死に遅れちゃうわ。





ランキング参加中です
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ


更新通知をLINEで受け取る