青嵐吹くときに君は微笑む 19

 あけましておめでとうございます。
 あの日からというもの、俺は渚先輩の家に何度も通っています。たまに妹もついてきますが、好きだった人と実の兄がいちゃついているのを見せつけられるのはキツイと来る回数を減らしています。扇田さんは不定期にご飯を食べにやってきます。渚先輩が言うには、彼女は家出同然の状態で一人暮らしをしているので、給料日前になる、もしくは料理するのが面倒になると食べにくるらしいです。渚先輩が唯一の友達だから、と嬉しそうに笑うので俺も嬉しいです。一緒にご飯を食べて、公園でバスケを教えてもらったりして、少しだけえっちなこともして、楽しい冬休みを満喫しました。
 が、困ったことになりました。
「零、お前最近よく出かけるし、泊まりに行っているようじゃない。もしかして、彼女でもできたの?」
 現在、母に問い詰められています。お世話になっているなら挨拶したいから家に連れてきなさい。そうじゃないなら非行に走っていないか心配だ。来年は受験なのだから遊んでばかりいないで勉強しなさい。
 高校の先輩だ、とは言ったものの、同性の恋人だなんて、言ってもいいのだろうか。
「言っちゃえば? ママそういうの寛容だと思うよ? 私とカップリング戦争するくらいだし」
 妹の部屋で膝を抱えてめそめそ相談する兄の姿。なかなかに惨めです。
「アイドルの、カップリング? は割とネタというか、芸能人じゃん。俺らはリアルで、本物の同性愛者で、この先結婚できないし子供もできない人生オワタ組なわけだよ? 母さんが許すと思う?」
「これはまた相談案件だね、よし」
 滴はスマートフォンを開き、グループラインにメッセ―ジを送る。
「緊急事態。全員酒本邸に集合!」

「で、集まりましたが」
 現在、酒本邸のダイニングテーブルは『相原両親に零と渚の関係をどう説明しようか作戦会議』の本部になっている。メンバーは俺と妹、扇田さん、そして渚先輩だ。
先輩は何事だろうと首を傾げつつも手作りのスコーンに、これまた手作りのイチゴジャムを机に並べた。昨日イチゴがスーパーで大特価だったらしい。
一瓶は持って帰っていいよ、なんて言っているが、それこそ我が家でまことしやかにささやかれている俺に彼女できたんじゃないか疑惑が肥大してしまう。
 コホン、と滴が小さく咳ばらいをして話を始める。
「現在、我が家ではお兄ちゃんに彼女ができたんじゃないかと噂になっています。あの非モテ街道まっしぐらなお兄ちゃんにですよ? 由々しき事態であります」
「ほう、このクソ男にですか」
 こら、滴。そして扇田さんも乗るな。いつから俺はそんな低評価なんだ。
「そして現実は、彼女ではなく、そう、酒本渚先輩が彼氏なわけです」



お読み頂きありがとうございます。
青嵐もいよいよクライマックス。最終章も頑張っていきます。
拍手をぽちっとしてくださると作者が喜びます。

ランキング参加中です
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へにほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ



←前のページ 目次 次のページ→