名古屋コミティア52に参加します

こんばんは、佐倉愛斗です。
怒涛の入稿ラッシュを終えて、まったりと落書きする日々を送っています。
topのTwitterとofflineのGoogleカレンダーの埋め込みウィジェットを変更してみました。もう少し試行錯誤するかと思いますが、少しでも見やすくなればいいな。

いよいよ今週末は名古屋コミティア52です!というわけでお品書きです。

名古屋コミティア52お品書き600

今回は新刊が2冊出ます!

「flower」は百合小説×3本立てな短編小説集です。
第1回名古屋コピー本交換会にて発表した、ナルシズムと向き合う女子大生をカメラで切り取った作品「河辺のスイセン」
似てない双子企画にて発表した、双子の姉妹が夫婦になるまでを描いた「骨になるまで」
そして書き下ろし作品の「The little flower of yours」
どれも人を愛することや恋することをときに甘く、ときに腐臭がするほど生々しく描いた作品たちです。
表紙は夕橙先生(@yudie_20320514)に描いていただきました。
「お花いっぱい描いて!」とリクエストした結果、毎晩「花がめんどい」と夕橙先生がつぶやくことにはなりましたが、とても美麗な表紙となりました。この度はありがとうございました。

「天使創造」はその名の通り天使を創ろうとしている研究室をめぐる長編小説です。
天使と呼ばれる少年を侍らせる研究室長村上と、彼に恋する研究者皆本の恋物語にも注目です。
「子宮を取ったら私のことを抱いてくれますか」と懇願する皆本と、「雌との交尾はつまらないな」と吐き捨てる村上の関係性は如何に。
個人的には個性的な皆本の同僚、坂崎と長谷川との掛け合いが可愛くて好きです。
表紙・キャラクターデザインは昏淵キサメ先生(@Hize_Kagewani)に担当していただきました。
ストーリーのエッセンスやテーマなど二人で妄想を語り合って作り上げたいわば共作です。
僕には無い色を持っている方なのでとてもよい体験になりました。ありがとうございました。
本作は箱の中のユーフォリア様主催グループ展「研究室より。」に出展する作品でもあります。
展示の予習にもいかがですか?よろしくお願いいたします。

既刊も少部数ですがカバンに入る限り持っていきますのでこの機会にどうぞ。
再入荷したものもありますので買い逃していた方はチャンスです。

そして今回は2冊お買い上げごとに1作、短編小説の入った桜色の封筒をプレゼントいたします。
4ページから10ページほどのとっても小さなお話です。
未公開作品ばかりのお宝なので是非ゲットしてみてくださいね。
中身はランダムで開封後の返品交換はできません。予めご了承ください。

いつものようにフリーペーパー「君に注ぐvol.5」を用意しています。
今回も情報盛りだくさんです。
書き下ろし小説のタイトルは「The little flower of mine」です。何かを察した人は期待していてくださいね。
無料配布ですのでお気軽に貰いに来てください。
たくさん刷っていきますが、数に限りがございますのでお早めにいらっしゃいませ。

今回の名古屋コミティア52はまさかの抽選とのことで受かって本当にラッキーだったと思います。
いただいたスペースを無駄にしない最高のものをお届けしますのでどうぞよろしくお願いいたします。

comment

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック