蒼血のアフェクシオン Chapter01 魔法の学園 06

 紅茶の芳醇な香りがする店内は、優しいピアノの音色に包まれていた。第一区職人街と呼ばれる大通りに面するカフェ「if」はカウンター席が6席と窓側の4人掛けのボックス席が2つだけの小さな店だ。店の売りは多種多様な茶葉で、世界各国から集められた特上の茶葉には店主の「魔法」がかけられている。今日もその小さな店内に置かれたアップライトピアノの鍵盤がひとりでに音楽を奏でていた。
「あのさ、馨(かおる)。いくらなんでも俺の店で作戦会議するの、やめない?」
 ボックス席の前で注文を取るこの店の店主、桜井有希(さくらいゆき)はやれやれと溜め息を吐いた。
「いいんですよ、ここは僕の家なんですから。マイダーリン?」
 食えない笑顔でそう返すのは国務機関ポラリスの治安部特務魔法科の現場運用主任の1人である飯田馨(いいだかおる)である。区立篠崎学園の美術講師であるが、ランク5の実力者で27歳という若さで現場運用主任に任ぜられた「仕事のできる男」なのだが、どうもマイペースなところがあり、今日も会議に呼ばれている担当特務魔法士である拓磨、莉那、睦樹はいつも振り回されている。そして馨と有希は婚姻関係にあるのだ。
「家はここの奥です。ここは店だからな。ではご注文をどうぞ」
 釘を一応刺しておくがこの男には意味がないだろう。有希は諦めてペンと紙を取りだすとそれらは彼の手を離れて浮遊した。
「私はホットのオリジナルティー、砂糖多めでミルクも」
 馨が注文すると、会議に召集された拓磨、莉那、睦樹も順に注文をした。
「えーっと、オリジナルのホットの砂糖多めミルク入りひとつとオリジナルアイスガムシロ2倍がひとつとガムシロ無しレモン入りがひとつ、トロピカルアイスティーオレンジがひとつ。なんでバラバラにするかなめんどくせぇ」
 有希が唱えるがまま勝手にペンが紙の上を滑る。接客業らしからぬ悪態まできっちりとメモされた。
「かおかお、あたしケーキ食べたい」
 上司である馨を「かおかお」と呼ぶのは馨の隣に腰掛ける正木莉那(まさきりな)。長い黒髪と大きな輪のピアスが特徴的な少女で、一言でいえば傲慢なお嬢様だ。
「正木さんが私にも奢ってくれるならいいですよ」
 馨が揶揄すると莉那は、かおかおのけちー、と頬を膨らませた。
「ご注文は以上ですね?」
 形式上の確認だけ済ませると有希は紙とペンを掴んでカウンターの奥へ準備しに戻った。

「さて、今回の任務お疲れ様」
 馨は皆に向き直って話を始めた。ホイップクリームを連想させる滑らかな金髪をふんわりとさせて、実年齢より若く、いや、年齢性別不詳といった外見の彼はゆったりとした口調で簡潔に結果をまとめる。
「バスの爆破事故だけれど、死亡者無し。周りの物損、怪我人無し。被害はバスが1台スクラップになって一時道を塞いだのと、運転手が肩に怪我。これは睦樹が治療済みだね」
 はい、と馨の向かいに座る赤い髪の眼鏡をかけた男、睦樹は返事をして続けた。
「運転手は拓磨に引っ張られた際に元々弱かった肩の骨を脱臼しただけでした。外れた関節を元に戻したので暫く安静にしていれば直に治ります」
「おっけー。問題はなさそうだね。羽鳥くん、今後は引っ張らずに足元からすくって持ち上げなさい」
「はーい」
 気だるげに返事をしたのは睦樹の隣に腰掛ける若草色の頭の少年、羽鳥拓磨だ。任務中はロリィタ姿だったが、今は長ズボンにパーカーと至って地味な服装をしている。ばつが悪そうに頬にかかる髪をくるくると指に巻き付けていた。
「にしても、はーさんの転びっぷりは凄かったわね」
「なっ」
 拓磨のことを「はーさん」と呼んだのは莉那だった。
「あっ、あれはバスが動いている前提で座標を合わせて《跳》んでいたから……って見てたの?」
「かおかおの視覚共有で《視》ていたのよ。ねー、かおかお」
「そうですね。視界が1回転して目の前に羽鳥くんのパンツが来たのには私も笑いました」
 愉快そうに笑う2人に拓磨は視線で睦樹に助け舟を求める。
「俺も見たかったなー。拓磨のふりふりおパンツ」
「誰がフリフリのパンツなんて履くかーっ」
 拓磨は耳を赤くして叫んだ。残念ながらどこにも味方はいなかった。舌なめずりをする睦樹の口から銀のピアスが覗く。
「断片的ですが映像を送りましょうか?」
「主任やめてください」
「是非お願いします」
「睦樹見たら殺す」
「ん? お前いつも自分からスカートたくし上げて――」
 その言葉の続きは拓磨が顔を真っ赤にしてどうにか必死で阻止した。莉那はそんな拓磨を見て腹を抱えて笑っていた。

「ところで主任、新しい任務って何ですか」


こんばんは、佐倉です。お読みいただきありがとうございました。
視点が変わり、高校生組のお話になりました。小さなカフェって好きですよ。
読みましたのサインに是非とも拍手のほどよろしくお願いいたします。
次回更新は08/12夜9時です。

ランキング参加中です
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


更新通知をLINEで受け取る


←前のページ 目次 次のページ→