140字SS 046~050

046 fight

帰宅して、一人になって
悔しくなれるほど頑張れなかった自分がやるせなくなって
舞台に立つことはとても楽しい
その舞台に立つためには勝ち続けなくてはならない
競うために音楽があるわけではないけれど、どこかで戦わなくてはならないと思い知った
楽しく戦います
他者、あるいは自分と




047 呪縛

君が出てきた夢は悪夢だった




048 トクベツ

「私は特別になりたい」と呟いた少女は星屑の海へ飛び降りた
「僕は特別になりたい」だからホルンを吹いた




049 曇り空が悪いなんて誰が決めた

月明かりで虹色に輝く雲を見て、僕は曇り空が好きになった




050 どうか

「心配」ってとても身勝手なものだと思っているけれど、いざ心配してみるとこんなにも苦しくて落ち着かないものなのだな
身勝手でごめん
でも貴方のことが気がかりでしょうがない
「心配させてごめん」なんて言葉は要らないから、どうか笑ってくれないか







ランキング参加中です
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ


更新通知をLINEで受け取る